2011年3月22日火曜日

プレート



 プレートといっても、地震を起こすプレートとは違います。我が塩飽本島にて,咸臨丸の水主の顕彰碑の為に集った寄付金のあまりで,咸臨丸の水主のお墓や家等を解りやすくする.ステンレスの銘板のプレートです.彼岸迄に,島の色々な水主に由来する場所に,取付けられました.大熊実次郎の,埋墓と最後の暮らした家の跡に,プレートが立てられました。銘板には,生家と書いていますが,ここは,江戸時代は海岸で,砂浜でした。実は明治の末に本島で暮らした家が,大熊文吉(私の爺さん)の家の東隣と本に書いてあるのでここにしました。
色々と意見は在ると思いますが,よろしく御願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム