2010年6月28日月曜日

6/25 Nirai情報



 25日にNiraiから、情報が入っていましたが、週末のドタバタでブログの書き込みが今になりました。
Niraiは、ダーウインに到着したそうです。本日のメールから、普通のインターネットを通じて送ってきています。
6月22日 くもり
夜が明けるまでは30ノット超の風が吹いて、久しぶりになかな
かのワイルドなセイリング。夜明けとともに風が落ちてきてほ
っとする。一日遅れの冬至、かぼちゃの煮物(木曜島でかぼち
ゃが売られていました)を煮てこの冬(?)も健康であります
ように。冬至で冬といっても南緯10度なので日中は30度と言う
夏本番の天気ですが…。Noon 10.46S 132.36E
6月23日 晴れ
ダーウィンに行くルートは、沖周りのルートと島の内側のルー
トが有ります。島の内側を通ると100マイル以上近くてすむの
ですが、潮の流れが速いので潮汐表をにらみつつダーウィンの
満潮の4.5時間前に入り口を通るのがベストといわれています
。潮が合わなければ外側を回るつもりでしたが、ちょうど夜中
の潮周りにぴったりの時間に入り口に到着できたので、ラッキ
ーにも近道が出来ました。
インドネシアラリーに参加する船のほとんどはファニーベイの
泊地にアンカリングしているらしいのですが、町から遠い上に
遠浅で、ディンギーでの移動が大変だと噂で聞いています。フ
ランシスベイの泊地は狭くてきれいではないけれど町に近いと
のことで、ニライではそちらを選択。17時過ぎにアンカー(12.28S
130.51E
)。ようやくダーウィンに到着です。一緒に木曜島を出た46フ
ィートのヨット「コントレイル」から遅れること2時間、お前
たちはずいぶん速いじゃないかといわれました。
横に知り合いのヨットがアンカリングしていて、ちょうど検疫
のハルチャックを受けるところだったので、私たちもついでに
お願いしました。なんというグッドタイミング。オーストラリ
アの検疫は面倒くさくて、ダーウィンではマリーナに入るため
にはこれを受けなければなりません。マリーナが空いていれば1
週間くらいはマリーナに入れるのも良いねと思っていたところ
のでラッキーでした。VHFでティパレイウォーターマリーナに
連絡したところ、最後の空きに「コントレイル」とともに滑り
込むことが出来るそうです。わーい明日からはマリーナだ~。
6月24日 晴れ
ティパレイウォーターマリーナは(というかダーウィンのマリ
ーナは全部ですが)潮汐差が大きいためにロックによる出入り
をしなければなりません。満潮時の前後の数時間しか出入りが
出来ないため、朝7時過ぎから移動です。「コントレイル」と
ともに一夜の宿に別れを告げて、川をさかのぼってマリーナに
向かい、ヨーロッパ以来の小さな狭いロックを通って、無事に
マリーナの最奥のバースに舫いました(12.27S 130.51E)。こ
こには1週間から10日前後滞在の予定です。その後は多分アン
カリングに戻って7月24日のインドネシアラリーのスタートを
待つことになると思います。
このティパレイウォーターマリーナはぐるっと周りにポンツー
ン付きの家が並んでいる面白いつくりのマリーナです。たくさ
んのラリー参加艇がいて、みんな何かしら整備にいそしんでい
ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム