2009年8月18日火曜日

盆休み航海09-4




 本日は,8月14日、クルージングの予定は16日迄ありましたが,私の骨折の為みなさんで協議して,14日中に大阪に帰る事に昨夜決めました。朝、いつもの様に5時に目が覚めましたが,脚の具合で動きにくい,でも國さんらに御願いして、6時出港にしました。あまり遅くなると,明石海峡通過時が西流の最強になる恐れが会ったので,早く出港することになりました。内海でベラドンナと別れて,二十四の瞳映画村のある、田浦沖を廻って,福部島〜風ノ子島、明石海峡へ向う本船航路を,東に90°で7ktで走りました。船長とお話ししていて,不思議な事に気付きました.いつもなら,本船がいっぱい行き来する此の航路ですが,フェリー以外ほとんど船を見かけません,お盆休みでも,船が少なすぎます?? 暑い日差しの中,我が艇は,7kt平均で明石海峡を目指しておりましたが,転流に近い10時30分ころから,すこしづつ速度が下がって行きました,このまま本船航路だと,問題だと思い目標を淡路富島に変更、反流を利用して,明石海峡通過をもくろみました.いくら頑張っても、逆潮ガツよくなって行く時間帯ですから,東へ行くのは大変です.利用できる物は全て利用して,大阪を目指そうと,岸近くを流れているはずの反流を探しました.ちょうど富島沖に北へ流れる潮を見つけそれに乗り,速度が上がって行きました。本流は西へ2kt以上で流れている時間に,こちらの速度は,7ktオーバー潮が泊まっているようです。江崎燈台の前では、8ktを越え、反流のスゴさを感じました。300mも離れていないブイは,西に流れ岸に近い所は東に流れています。此の反流のお陰で,岩屋置き迄は結構早く進みました,そこから須磨沖にでて,一路北港を目指し,4時30分帰港、ハーバーに車椅子を御願いしたり,中嶋さんに,舫を取ってもらい,無事に帰ってきました.ありがとうございます。 クルージングヌ参加いただいた,秋津船長、松平料理長、ビール係シゲチャン、ベラドンナのみなさん、北港ヨットハーバーのみなさん、ステラマリスのみなさん,ありがとうございます.私の骨折は全治1か月だと思います。 添付の写真、PDFは,クリックすると大きくなります。明石海峡の通過を記録しております.ご参考に

5 件のコメント:

Anonymous きみえねこ さんは書きました...

いやぁーーーー、びっくり
骨折とは・・・・・
十分大事に養生してくださいませ
全快祝いは、発酵した米のジュース?

2009年8月19日 19:42  
Anonymous まほろば さんは書きました...

 おみ足お大事に・・。

 私もマイボートを係留しようとして、桟橋とボートの間にバランスを崩して落水・・。ジャケット着用だったもんで安心しとったですが、いざとなると、体が持ち上がらない。船にも桟橋にも手が届くのに、体が重くて、濡れた服が重くて持ち上がらず・・。

 本島に帰るお客さんに引き上げてもらったです。もがいて・・ロープが手や胴体に巻き付いていたらしい・・。おかげで・・両手・両足にはカキの切り傷や擦り傷で当分・・歩行困難・・・。

 このくらい・・が、動かなくなったですよ・・。

 お互い・・御自愛ください・・かな。

2009年8月20日 7:15  
Anonymous おじょも さんは書きました...

あらら~やっちゃいましたね・・・
「少しおとなしくしとき」~と神様の配慮ですか???
お大事に

2009年8月20日 9:21  
Blogger 酔人漫 さんは書きました...

 えらいすんまへん、きみこ姉さん,やっぱりねこ見たいには行きまへん、ブタはオダテテも猫にならない!!
 まほさんも大変でしたね〜広島の防波堤も牡蠣だけが立派に育っていますものね、お互い無理はせんときましょう。おじょもはん、私は少しおとなしくしておりますが,鐵五郎と大阪でほたえたらあきまへんで〜〜
 人の事は言えても悲しいおっさんです、『くやし〜い〜〜』

2009年8月20日 18:30  
Anonymous 鐵五郎 さんは書きました...

残暑お見舞い申し上げます。
骨折御見舞申し上げます。
本日は天満繁昌亭への適切なガイドありがとうございました。
満席の中での笑い声いっぱいの演劇楽しませて頂きました。
藤本木工所製作の涼しい冷気の噴霧も浴びてきました。
その後居酒屋でおじょもさんと大葉さんを前にお盆の報告会を行いました。

2009年8月20日 23:15  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム