2009年8月15日土曜日

盆休み航海09-3




 本日は、8月13日 天候が崩れそうな予想だ、日本海側は雨の予報、台風8号の残骸の低気圧だそうだ。佐栁島の盆踊り参加は、予定変更もあり、キャンセルを御願いしました。さてそんなときに、ベラドンナの國ちゃんから、今日何処に行くの〜の電話、庵治か、小豆島と考えていますと返事、乗組員全員で相談の上、良いと、聞かされている、東土庄港へ、向う事にしました。穏やかないい天気、雨が降る等、考えてもいませんでした。(だいぶ甘い考え) 晴れた良い天気の中、東土庄港へ到着、役場へ連絡を取り、後の手続きを、國ちゃんに頼み、噂のオリーブ温泉に行きました。大きなショッピングセンターの続きに、入浴料800円のお風呂、露天風呂は、瀬戸内海が一望できる素晴らしい設備でした。これで機嫌良くした仲間と、昼食をとり一杯やっていると、國ちゃんから、早く帰ってこい!との命令。何やら後1杯のヨットが先約で寄港するので、出て行けというのである!!、電話した時はそのような話は無かったのに、かないまへんな〜、留守番組は、へそを曲げているので、、内海にでもよって、何処かに停めようと、2艇で出発、風が西のかせで、楽しいぐらいスピードが出る(此の風が問題でんねん)2時間以内に内海に到着しましたが、風が強く、予定していた岸壁に接岸できず、他の所を探しました。工事中の漁港がありその中に入り、停泊しようと防波堤に着けようとしましたが、風が強いのと,波が少しあり,仕方なく,私が,バウから飛び降りました。ちょうどそのタイミングで風が上がり,バウが高くなり,1m50程の高さだと思っていたのが2mあり、そしてかかとで直接着地,いたかったんですが,船を確実につけるのが役目ですから,舫を取り,痛い脚を引きずって,何とか船を舫いました。防波堤に取付けていたピットがスゴく弱そうだったので,最後はアンカーを堤防の高い所にかけて舫いました.僚船を抱いて2艇揃った所で.119に電話、救急車を呼び,内海病院へ,初めてストレッチャーで救急車に乗りました。病院到着、レントゲンを撮ると,かかとの骨が骨折,動いていないので,添え木をして,松葉杖を借りて、タクシーで基の場所へ戻りました。ストレッチャーで,移動した距離を松葉杖で,移動は,きつかったです。
みなさんにご心配をかけて,大反省の夜でした.一応家族へ連絡を入れましたら,娘から『バカやってんじゃ、ねえよ!!』此のメールですみませんの反省しか出来ませんでした。痛い痛い,小豆島の夜でした。

1 件のコメント:

Anonymous 匿名 さんは書きました...

jelve救急車とストレッチャーは初めてではありませんよ
自分に記憶がないだけ

2009年8月17日 21:53  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム