2009年3月2日月曜日

もう3月



先週は,それなりに忙しく,芦屋の現場も順調に取付けが進んでいます。私は土曜日に,柏原のリフォームの工事の現調&打合せで朝から電車で柏原へ、天気が良く久々きれいな山や空を見ました。9日から工事に入る予定を決めて、帰社、午後から,ハーバーで,友人に頼まれた,牡蠣パーティを覗きに行きました。おいしい牡蠣が並んでいました。日曜日は,朝9時過ぎからセーリング連盟のジャッジの講習会、2時に終わりましたが,ついでにレースオフィサーの講習も参加しました。ルールの改定による変更点があり,今年のレースの帆走指示書等の書き換えに必要な事を教わりました。
夕方5時から,歴史作家の三十里先生ご夫婦と南のふぐ屋で食事、鐵五郎さんやおじょもさんも参加して,楽しい宴会になりました。先生の久々の大阪取材の話で盛り上がりました。忙しい週末でした。今週木曜日は、樹望塾,新鮮な牡蠣を、みんなで楽しみます。

2 件のコメント:

Anonymous 鐵五郎 さんは書きました...

旨そうな牡蠣に釣られて飲み過ぎると痛風が悪化しそうなので今回は断念します。ゴメンなさい。
昨日は美味しいてっちりにてっさ、唐揚げ、ゆびき、雑炊まで河豚づくしご馳走様でした。先週、竹野で食べた蟹が原因かも分かりませんが、これだけ美味しいものばかり食べてたら贅沢病になりますわなぁ。
お仕事も順調なようですが、銭太鼓の拍子木製作もお願いしますよ。
三十里さんの新作は実次郎と鐵五郎をミックスして主人公は「鐵次郎」ですか。武器は櫂とか、サスペンス調で楽しく読めそうですね。

2009年3月2日 21:23  
Blogger 酔人漫 さんは書きました...

 鐵五郎さんご苦労さんでした。鍋は河豚が一番でんな〜〜 先日、三十里先生のブログを見てたら,菅江真澄の本が出てました,私は諏訪神社の真澄が、好きでして,嫁迄真澄でんねん??おっさんマスオでフグが好き、決してサザエさんではありません、菅江真澄は、林子平、高田屋嘉兵衛、大黒屋光太夫、間宮林蔵、伊能忠敬等の人物と目的や考え方は全くすれ違いだけれどその歴史の中で、生きた旅人です。誠の面白い旅をした人だと思います。三十里先生は、偶然にもであってしまったんですね。これからが楽しみです。

2009年3月4日 18:38  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム