2008年8月19日火曜日

洲本クルーズ




 盆休み後半、15〜16日にクルージングに出かけました。船長と蒲鉾シェフは前日から淡路の森漁港に出かけて,情報では,おいしいハモをいただいたとか?? 私は,いつものシゲちゃんと朝に待ち合わせ、お誘いした,J夫妻を待ち,11時出港、暑い日差しの中で下が,南からの風が,心地よく,大阪湾を南西に,洲本の港を目指しました。お昼は,冷たい冷や麦と、焼き飯、暑い時は良いもんです。5時に洲本港着、船長の秋津洲がとまっているのに抱いてとまる。洲本の港には、北港でおなじみの,マッチャンのベラドンナ、5月の連休クルーズの、ステラマリスが停泊していた,その上から、nori tama が手を振っていた、ベラドンナとステラマリスは、おなじみ直丹を予約していたが、少し時間が遅くなるようでした(盆休みは客が多い) 私たちは、蒲鉾シェフお手製のはも鍋が待っていました。まずは上陸して,汗を流すべく,近くの旅館の立ち寄り湯へ、今回もお風呂の入りましたが,良い温泉でした。(実はこの旅館、『なべ籐』といって,谷崎潤一郎ゆかりの宿だそうで、かなり有名なところだと,後日判明)船でとまって宴会でもと、計画したいな〜 お風呂をすませて,船の上でハモ鍋をいただき,バスで J 夫妻がかえり、ゆっくりと淡路の夜を楽しみました。 翌日は、良い風に乗って、帆走で北港に帰ろうとしましたが、大阪湾真ん中で、風が無くなり、暑さの中じっと耐えましたが、エンジンをかけて、夕方に北港着、

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム