2012年6月21日木曜日

灘の蔵計画





 友人のピーターから、楽器を演奏する所の,反射板の依頼があったのは,GW前だった,私が,前から吉野の友人に依頼していた材料ならと提案した物が,決まり,乾燥材の耳付きの材を,皮をめくって,会社に取り寄せ、ひと月が経ちました,鳥羽君の協力で,良い物に仕上がってきました,7月の10日頃には,竣工します。現場は,戦後建てた蔵で、中を演奏会や,飲み会のできるスペースに、考えた物です。設計はL.S.Peter Phillips ,アメリカの方が,日本建築の中でどのような空間を造り上げるか,なかなか楽しみな現場です。完成したら,おいしいお酒を飲みながら,楽しみたいと思っております。素晴らしい仕事の,仲間に,ありがとう、!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム